So-net無料ブログ作成
大正野球娘。 ブログトップ
前の10件 | -

大正野球娘。 第十二話「土と埃にまみれます」 [大正野球娘。]

最終回! これぞ、最終回という感じでした。

雪がおいしいところを持って行きましたね~。小さい頃していた野球について語り出すあたりから、うるうると来ました。
考えてみると、彼女が一番、野球そのものに興味があったんだな~と。

OPに乗せての全力プレイ。合唱部も応援に参加して、とうとう小梅の親父さんまで駆けつける展開。
あぁ、もう分かり切っていた展開なのに、タイミング良く現れるから!(@_@)

晶子さんと真っ向勝負する岩崎も格好良かった。
これで、この二人のいさかいから始まったこの物語に、決着がつきました。

欲を言えば、みんなの後日談を入れて欲しかった…
…と、見終わった直後はそう思ったのですが、その後を描こうとすると、このあと野球はどうするの?というところにぶち当たりそうです。
雪の「男子と試合するのはこれで最後かもしれない」という台詞や、ED後で小梅がボールを拾ってあげるシーンを見ると、なんとなく野球との距離を感じるのです。
なにより、彼女たちは今回の試合で完全燃焼したと思えるし。

そんな「終わり」を描いてしまうのは、ちょっと寂しいので、小梅と三郎の「約束」にケリを付けたところで終わったのは正解かもしれません。
お幸せに:-)。


大正野球娘。 6 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 6 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第十一話「そぞろに胸の打ち騒ぐ」 [大正野球娘。]

いよいよ本命、朝香中学との対決!

…を前にして、またまた空気読めない高原クンがやらかしてくれました。小梅の親父さんはカンカン。
ま、いつまでも隠し通せるわけでもないですがね。勘当まで言い渡されてしまいましたが、お母さんがうまくやってくれるでしょう。
同じく、小笠原家でも同じような騒ぎが。こちらは、一肌脱いだのに、報われない松坂に涙:-)。

それにしても。櫻花會の面々、ほんとに上達したよな~。成長していく過程を丁寧に描いてくれたので、我が事のようにうれしい。

次回最終回、試合の行方や、それぞれの人間関係はどうなるのでしょうか。
鈴川家は和解すると思いますが、小笠原家はどーなるのかな。


大正野球娘。 6 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 6 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第十話「私は何をする人ぞ」 [大正野球娘。]

たまちゃんの洋服姿に違和感が…と思ったら、雪が着せたのか。「無理矢理着せた」と言いつつ、結局着てしまうのがたまちゃん。
今回は、雪×たまが止まりません。率先して枕投げに参戦する雪も可笑しかったな。

小梅・晶子・巴のトライアングルも見逃せませんね。晶子はなんとも思っていないのかな?と思いきや、あの意地悪そうな顔…!

そんな感じで、咲き乱れる百合の花を鑑賞していましたが、締めるべきところは締めるのがこの作品。
「あなたに必要なものがありますよ」という先生の言葉で見つけたのは、早朝ランニングに勤しむ小梅と晶子の姿。鏡子もそこに加わり、みんなも加わり……そして、やっと取れたフライに感激する鏡子。
ちゃんと褒めてあげる巴もよかった。この人、基本的にはダメ人間なのに:-)


大正野球娘。 5 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 5 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第九話「誤解の多い料理店」 [大正野球娘。]

三郎ぽかーん(笑)。不憫な…。
「三郎さんの、バカーっ!」って意味不明だよそれは。可哀想すぎる。

と思いましたが、誤解が解けたらすっかりラブラブモードになりやがったので、取り消します(ぉ。
ハンカチごしに手をつなぐとか、あまりにピュアすぎる…。

この勢いで親にも言うのかと思ったら、まだナイショなんですね。
婚約を破棄されるよりよっぽどましだろうから、すんなり許してくれそうな気がしましたけどね。
ああ、そんな大人思考はだめですか(笑)。


大正野球娘。 5 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 5 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(1) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第八話「麻布の星」 [大正野球娘。]

インターミッション的お話。相変わらずぎこちない三郎や、川に飛び込むときの鈴川の小梅の表情が可笑しかった~。

桜花會随一の策士、乃枝も今回はさすがに見誤ったか、と思いきや、思いも寄らぬロマンスが!
「牛鍋でも食べに行かない?」ってのは当時の気の利いた誘い方だったのかな?
乃枝もまんざらでもない表情だし。いいねー、俺も女学生を口説いてみたい(ぉ


大正野球娘。 4 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 4 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(1) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第六話「球は広野を飛び回る」 [大正野球娘。]

おお…小学生相手に、容赦ない負けっぷり。
でも、それを糧として成長していくプリンセス・ナイン(違

リベンジしても簡単には勝てないあたり、ちゃんと上手くなっていく過程を描いてくれるとはね~。

小梅と晶子との「夫婦(めおと)」ぷりも微笑ましい。小笠原のお嬢様がよく外泊を許されたなぁ。
そういや「小笠原」って、祥子さまのご先祖かしら:-)

そんな小梅に許嫁の話が…。相手は三郎なんだ。てっきり、あのお父ちゃんが外から引っ張ってきて、三郎がやきもきする展開かと思った。
いいお父ちゃんじゃん。


大正野球娘。 3 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 3 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第五話「花や蝶やと駆ける日々」 [大正野球娘。]

今日も今日とて、ランニング~な日々。

それはともかく。

やっぱりユニホーム着ちゃうのね…。制服で駆け回るのが楽しかったのにのにのに…(ぉ。
ま、男子以上の練習を誓い合ったからには仕方ない。その割にはランニングを嫌がってるけど:-)。

人力車を牽いての特訓で、あの穏やかな雪が「私、そんなに重くないのよ?」とあくまでも穏やかに、しかし、きっぱりと念押ししているのが可笑しかった。しかも、ちょっとがっくり来てるし。

鏡子と胡蝶って同室なのかな? なら、「足の速い人」で鏡子が真っ先に思いついても良さそうなものですが、陸上をがんばっていることを知っていたから、端から除外していたのかな。それなら、陸上から野球への転向についてのフォローが欲しかったような。「陸上から逃げた」ように見えなくもないから。

そして、人数揃ったからって、基礎メニューを飛ばしたりしないアンナ先生に惚れた:-)。


大正野球娘。 3 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 3 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(2) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第四話「これから」 [大正野球娘。]

傷心の晶子さんは、今日も学校をお休み。みんなもテンションが下がるなか、問われる「これから」というお話。

晶子は、負けたことだけではなく、みんなにも惨めな思いをさせてしまったという自責の念があったようです。お見舞いに来た小梅にも弱みを見せずにいたのですが、「無関係じゃないわ、友だちだもの」と踏み込まれて心を開きます。
お金持ちの家にもまったく動じることなく、励ましの言葉をずばっと言えてしまう小梅もえらいなぁ。晶子に引きずられているだけかと思ったら、そんなことは全くなかった。

小梅の言葉に燃え上がった晶子、「女に二言はありません!」と凛々しく立ち上がる!
この子もテンプレ的な意地悪わがままタイプでは全くなく、だからこそ、小梅も「私はあなたについていく」と言い切るわけですね。
第一話から思っていましたが、この二人がどうやって友だちになったのか、早くエピソードを見たいなぁ。

岩崎も、マジメな奴ではあるんだけどな…「どうやら、僕は女性を怒らせてしまう癖があるようですね…」と認識しただけでも前進か。まったく認識していない高原のほうが重症:-) 「嫁入り前の娘の家に、いきなり訪ねてくるようなぶしつけは二度となさらないでね」と笑顔ながらもぴしゃりとたしなめるお母さんがエライ!
これは、小梅もいい子に育つわ~。


大正野球娘。 2 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 2 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



nice!(1) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第三話「娘九つの場を占めて」 [大正野球娘。]

櫻花會、ほろ苦デビューの巻。

学校側から同好会として認めてもらい、部室やグラウンドを自ら整備して、ちょっとずつ練習を重ねてこぎ着けた練習試合。

「あなたの仰っていた、『野球』とやらを始めてみましたの」と大見得を切って開始した試合でしたが、惨敗。
少しのいいところもなく終わってしまいました。結果を出して見返してやろうと思っていた晶子には厳しい結果です。
デリカシーのない彼の言葉に、きっとまなじりを上げて、じっと耐える姿がいいです。
ま、彼は彼で、筋を通していると思いますけどね。

…それはそれとして、制服のままプレイするのっていいな~(爆)。


大正野球娘。 2 (初回限定生産) [Blu-ray]

大正野球娘。 2 (初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray





nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

大正野球娘。 第二話「春の長日を恋ひ暮らし」 [大正野球娘。]

おや、青ショートが野球やりたかったのは、小梅と一緒にいたかったからなのか。
ボーイッシュな彼女は、下級生に大人気。
それらが面白くない双子の妹、と。なにをそんなにツンケンしているのかと思ったら…(笑)。
いや、一話を見たときは、自分の理想の姉像を押しつけているのかと思ったのですが、そうではないようです。

ぽわーんとした一団の中で、雪さんのしっかりぶりが際立ちますね。先生に手を回したり、環を引き込んだり。
あ、「たまちゃん」とは前からの友だちだったのか。

こうしてなにげに9人そろってしまったメンツ。学校にも親にも内緒なので一悶着あるでしょうけど。


大正野球娘。 第1巻 [DVD]

大正野球娘。 第1巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - 大正野球娘。 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。